タイピング練習教室
11. 基本パターンの応用(1) か/が行 の練習 [1]

今回から5回にわたり、これまでに覚えた指使いのパターンを応用して、より広い範囲の日本語を速く入力するための練習をします。

今回は、基本パターン き(KI) が(GA) ちゅ(TYU) を応用して、か/が行を入力する指使いを練習します。

  A I U E O
K KA か KI き KU く KE け KO こ
G GA が GI ぎ GU ぐ GE げ GO ご
  A U E O
KY KYA きゃ KYU きゅ   KYO きょ
GY GYA ぎゃ GYU ぎゅ   GYO ぎょ

基本パターン(と基礎パターン)の復習をしましょう

ドリルソフトを使って、今回の練習に必要な指使いのパターンの復習をします。

ウェブブラウザでのJavaScriptがオフになってますので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Adobe Flash Playerがオフになっているか、
インストールされていませんので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Get ADOBE FLASH PLAYER

復習ができたら、次のステップに進みます。

か/が行を入力する指使いをやってみましょう

ソフトを使って、実際にか/が行を入力する指使いができるかを確認します。
表示される文字を見て反射的に指が動くようになってください。
キーボードを見ないことが大切です

ウェブブラウザでのJavaScriptがオフになってますので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Adobe Flash Playerがオフになっているか、
インストールされていませんので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Get ADOBE FLASH PLAYER

反射的に指が動くようになったら、次のステップに進みます。

1
2 3
このページのトップへ