タイピング練習教室
5. 基本パターン(2) る(RU) の練習 [2]

ドリルソフトでタイピングの反復トレーニングをしましょう

前のステップで覚えた指使いのパターンを実際の入力に活用します。
各問につき何度も繰り返して、正しい指使いでキーを打ってください。
無理に速く打とうとせず、無理のない速さで繰り返し打つことで、自然に速く打てるようになれます。
小声で結構ですので、出題語句を音読しながら入力してください。
タオルなどで手元を隠して練習することをおすすめします。

これまでに覚えた指使いのパターンが全部練習できるようになっています。
全問をなめらかに打てるようになったら、次のステップに進みます。

ウェブブラウザでのJavaScriptがオフになってますので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Adobe Flash Playerがオフになっているか、
インストールされていませんので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Get ADOBE FLASH PLAYER

ルウ るう RUU
得る える ERU
折る おる ORU
出る でる DERU
着る きる KIRU
あえる あえる AERU
終える おえる OERU
言える いえる IERU
植える うえる UERU
オイル おいる OIRU
衣類 いるい IRUI
あおる あおる AORU
消える きえる KIERU
起きる おきる OKIRU
飽きる あきる AKIRU
歩き あるき ARUKI
うでる うでる UDERU
生きる いきる IKIRU
出来る できる DEKIRU
潤い うるおい URUOI

補記

「ルウ」は「ルー」の間違いでは?とのご指摘をいただくことがありますが、国などの公文書では「ルー」ではなく「ルウ」と表記します。
(例えば、「特定商品の販売に係る計量に関する政令」や「小売物価統計調査規則」など)
また、「うでる」は「ゆでる」の間違いでは?とのご指摘をいただくこともありますが、「うでる(茹でる)」=「ゆでる(茹でる)」であることは広辞苑、大辞林、大辞泉などの辞典にきちんと明記されています。
これは例えば「行く」を「いく」とも「ゆく」とも言うのと同様の事例です。
ちなみに、日常的に使う表現の「うだるような暑さ」の「うだる」は「うでる」の自動詞形です。

1
2
3
このページのトップへ