タイピング練習教室
23. アルファベットの練習 [1]

今回は、英語等の略語の表記に必要なすべてのアルファベットを入力する指使いを練習します。
そのほとんどは、これまでに覚えた指使いを適用すれば簡単にできますので、それができない「Q C L」を入力する指使いについてのみ説明します。

Q C L キーの位置を確認しましょう

下の図で Q C L キーの位置を確認します。

Q W E R T Y U I O P
A S D F G H J K L ;
Z X C V B N M , . /

確認したら、次のステップに進みます。

「Q C L」を入力する指使いを覚えましょう

「Q」を入力する指使い

「Q」を打つ指

ホームポジションから左の小指を奥に伸ばして、上段のキーを打ちます。

Q W E R T Y U I O P
A
S
D
F
G H
J
K
L
;
Z X C V B N M , . /
小指 薬指 中指 人差指 人差指 中指 薬指 小指

「C」を入力する指使い

「C」を打つ指

ホームポジションから左の中指を手前に曲げて、下段のキーを打ちます。

Q W E R T Y U I O P
A
S
D
F
G H
J
K
L
;
Z X C V B N M , . /
小指 薬指 中指 人差指 人差指 中指 薬指 小指

「L」を入力する指使い

「L」を打つ指

ホームポジションのまま、右の薬指でキーを打ちます。

Q W E R T Y U I O P
A
S
D
F
G H
J
K
L
;
Z X C V B N M , . /
小指 薬指 中指 人差指 人差指 中指 薬指 小指

指使いを覚えたら、次のステップに進みます。

「A~Z」を入力する指使いをやってみましょう

ソフトを使って、実際に「A~Z」を入力する指使いができるかを確認します。
表示される文字を見て反射的に指が動くようになってください。
キーボードを見ないことが大切です

ウェブブラウザでのJavaScriptがオフになってますので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Adobe Flash Playerがオフになっているか、
インストールされていませんので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Get ADOBE FLASH PLAYER

反射的に指が動くようになったら、次のステップに進みます。

1
2 3
このページのトップへ