タイピング練習教室
14. 基本パターンの応用(4) な/は/ば/ぱ行 の練習 [2]

ドリルソフトでタイピングの反復トレーニングをしましょう

前のステップで覚えた指使いを実際の入力に活用します。
各問につき何度も繰り返して、正しい指使いでキーを打ってください。
無理に速く打とうとせず、無理のない速さで繰り返し打つことで、自然に速く打てるようになれます。
小声で結構ですので、出題語句を音読しながら入力してください。
タオルなどで手元を隠して練習することをおすすめします。

な/は/ば/ぱ行を入力する指使いが全部練習できるようになっています。
全問をなめらかに打てるようになったら、次のステップに進みます。

ウェブブラウザでのJavaScriptがオフになってますので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Adobe Flash Playerがオフになっているか、
インストールされていませんので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Get ADOBE FLASH PLAYER

不平 ふへい HUHEI
赴任 ふにん HUNINN
べっぴん べっぴん BEPPINN
般若(にゃ) はんにゃ HANNNYA
氷嚢(のう) ひょうのう HYOUNOU
年表 ねんぴょう NENPYOU
女房 にょうぼう NYOUBOU
はんぺん はんぺん HANPENN
ひゅうひゅう ひゅうひゅう HYUUHYUU
ぴゅうぴゅう ぴゅうぴゅう PYUUPYUU
入念 にゅうねん NYUUNENN
びゅうびゅう びゅうびゅう BYUUBYUU
二百分 にひゃっぷん NIHYAPPUNN
八百本 はっぴゃっぽん HAPPYAPPONN
布絵本 ぬのえほん NUNOEHONN
非売品 ひばいひん HIBAIHINN
何百杯 なんびゃっぱい NANBYAPPAI
偏微分法 へんびぶんほう HENBIBUNHOU
日本脳炎 にほんのうえん NIHONNNOUENN
病院案内 びょういんあんない BYOUINNANNNAI

出題語句について(参考)

般若(にゃ)
偏微分法
1
2
3
このページのトップへ