タイピング練習教室
22. 、 。 ・ の練習 [2]

ドリルソフトでタイピングの反復トレーニングをしましょう

前のステップで覚えた指使いを実際の入力に活用します。
各問につき何度も繰り返して、正しい指使いでキーを打ってください。
無理に速く打とうとせず、無理のない速さで繰り返し打つことで、自然に速く打てるようになれます。
小声で結構ですので、出題語句を音読しながら入力してください。
タオルなどで手元を隠して練習することをおすすめします。

今回覚えた指使いが全部練習できるようになっています。
全問をなめらかに打てるようになったら、次のステップに進みます。

ウェブブラウザでのJavaScriptがオフになってますので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Adobe Flash Playerがオフになっているか、
インストールされていませんので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Get ADOBE FLASH PLAYER

でも、 でも、 DEMO,
だった。 だった。 DATTA.
である。 である。 DEARU.
だろう。 だろう。 DAROU.
したい。 したい。 SITAI.
さらに、 さらに、 SARANI,
それで、 それで、 SOREDE,
だから、 だから、 DAKARA,
ですね。 ですね。 DESUNE.
しかし、 しかし、 SIKASI,
します。 します。 SIMASU.
なのだ。 なのだ。 NANODA.
そして、 そして、 SOSITE,
すると、 すると、 SURUTO,
しません。 しません。 SIMASEN.
でしょうか。 でしょうか。 DESYOUKA.
もしくは、 もしくは、 MOSIKUHA,
ところが、 ところが、 TOKOROGA,
コジ・ファン・トゥッテ こじ・ふぁん・とぅって KOZI/FAN/TOXUTTE
ディヴィニティ・スクール でぃう゛ぃにてぃ・すくーる DHIVINITHI/SUKU-RU

出題語句について(参考)

コジ・ファン・トゥッテ [Così fan tutte]
ディヴィニティ・スクール [divinity school]
1
2
3
このページのトップへ