タイピング練習教室
3. 基礎パターン あ(A) え(E) う(U) い(I) お(O) の練習 [1]

今回から、指使いのパターンをソフトを使って覚えていきます。
基礎となる5つの「基礎パターン」をいちどに覚えてから、7回に分けて14の「基本パターン」を覚えます。

今回は、5つの基礎パターン あ(A) え(E) う(U) い(I) お(O) を覚えます。
アルファベット26文字のうちローマ字入力で頻度が圧倒的に高いのが、「A E U I O」の5文字(と「N」)です。
この5文字は(「ん」を除いた)すべてのかなの入力に必要であるため、ローマ字入力の基礎となります。
この5文字でローマ字入力の半分以上を占めます。
(頻度の順に並べると、A > I > O > U > E となります。)
つまり、「あ え う い お」をタッチタイピングで入力できるだけでローマ字入力が劇的に速くなります。

A E U I O キーの位置を確認しましょう

下の図で A E U I O キーの位置を確認します。

Q W E R T Y U I O P
A S D F G H J K L ;
Z X C V B N M , . /

確認したら、次のステップに進みます。

1
2 3 4
このページのトップへ