タイピング練習教室
4. 基本パターン(1) で(DE) き(KI) の練習 [1]

今回から第10課までの7回で14の基本パターンを覚えます。
14の基本パターンを覚えれば、大半の日本語をタッチタイピングで入力できるようになります。
(基本パターンを全部覚えてから、応用編である第11課~第15課で練習すれば速さも身につきます。)
覚えやすい順序で少しずつ覚えていきます。

今回は、「で(DE) き(KI)」を入力する指使いのパターンを覚えます。
両方とも、ホームポジションから中指を伸ばすだけの単純な動きです。

D K キーの位置を確認しましょう

下の図で D K キーの位置を確認します。

Q W E R T Y U I O P
A S D F G H J K L ;
Z X C V B N M , . /

確認したら、次のステップに進みます。

「で き」を入力する指使いのパターンを覚えましょう

基本パターン で(DE)

「で」を打つ指

ホームポジションのまま、左の中指でキーを打ちます。
同じ指を奥に伸ばして、上段のキーを打ちます。

Q W E R T Y U I O P
A
S
D
F
G H
J
K
L
;
Z X C V B N M , . /
小指 薬指 中指 人差指 人差指 中指 薬指 小指

基本パターン き(KI)

「き」を打つ指

ホームポジションのまま、右の中指でキーを打ちます。
同じ指を奥に伸ばして、上段のキーを打ちます。

Q W E R T Y U I O P
A
S
D
F
G H
J
K
L
;
Z X C V B N M , . /
小指 薬指 中指 人差指 人差指 中指 薬指 小指

指使いのパターンを覚えたら、次のステップに進みます。

「で き」を入力する指使いをやってみましょう

ソフトを使って、実際に指使いのパターンができるかを確認します。
表示される文字を見て反射的に指が動くようになってください。
キーボードを見ないことが大切です

ウェブブラウザでのJavaScriptがオフになってますので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Adobe Flash Playerがオフになっているか、
インストールされていませんので、
タイピング練習ソフトを表示できません。

Get ADOBE FLASH PLAYER

反射的に指が動くようになったら、次のステップに進みます。

1
2 3
このページのトップへ